小室歯科。天王寺・難波にある歯医者。

小室歯科ロゴ

スケーリング

歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング(歯石取り)」と言います。

・スケーリングは何がいい?

歯周病の原因には様々なものがあるのですが、
その大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。
歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことは
プラークをしっかりと取ることなのですが、歯石の表面はザラザラしているため
プラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。
この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。
歯石は歯磨きでは取る事が出来ない上、90パーセント以上の人にあります。
しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、
定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。
スケーリングの間隔は、普通の人で3~6ヶ月に1回位が目安です
(ただし、お口の中の状態によりスケーリングの間隔は変わります)。
また、スケーリングをすればそれでOKというわけではなく、
毎日の家庭でのプラークコントロールも非常に重要です。