小室歯科。天王寺・難波にある歯医者。

小室歯科ロゴ

インプラントの治療の流れ

  1. 診査診断、治療計画

    インプラント治療において(歯肉、骨など)必要な診査を行い、治療が可能か診断します。
    それに基づき治療計画を立てます。

  2. 一次手術

    チタン製の人工歯根(フィクスチャー)を骨内に埋入します。

  3. 治癒期間

    骨とフィクスチャーがしっかりと結合されるまで約3ヶ月待ちます。
    (治癒期間は骨の質、上下顎などによって異なります。)

  4. 二次手術

    上部構造(人工歯)を作成するための
    アバットメント(連結部)をフィクスチャーに連結します。
    この際、骨とフィクスチャーが結合されているか確認します。

  5. 人工歯装着

    アバットメントの上に人工歯を装着します。

  6. メンテナンス

    インプラントは虫歯にはなりませんが自分の歯と同様に歯周病にはなります。
    そのため治療終了後、インプラントにはメンテナンス、定期検診が不可欠です。