小室歯科。天王寺・難波にある歯医者。

小室歯科ロゴ

入れ歯のメリットとデメリット

保険の入れ歯について、分かりやすく、メリットとデメリットをあげると次のようになります。

保険でつくられる入れ歯は、材料はプラスチックと決められています。 プラスチックでつくると、強度を保つ為に入れ歯を厚くしたり、大きめにつくる必要があります。 厚くて大きく作っているので、食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくくなっています。 そのため、食感やおいしさの感じ方が違ってくることがあります。 また、厚みがあるので、口の中で違和感をおぼえる人も少なくありません。 保険適用なので「治療費が安い」「修理がしやすい」といったメリットがありますが、分厚いために「話しにくい」、「汚れが付きやすい(汚く見える)」、「こわれやすい」などの難点もあります。

そして、1度保険で総入れ歯を作ると6ヶ月間の間は、たとえ医院を変えても保険で総入れ歯を作ることはできません。 毎日使うものなので、よく歯科医師の話を聞いて納得してから、できる限りいいものをつくることをおすすめします。

保険の入れ歯に不安や不満のある方は、保険適用外の入れ歯について考えてみるといいかと思います。

入れ歯 治療内容ガイド